じみかん ver,ぶろぐ

フィギュア部門は巣立って行きました。こちらは雑多な事をちょいちょいと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デカールについて 

【 ハンドル名 】:海
【 本文 】:
あの、デカールはどうやって切り取ったらいいんでしょうか?フィギュア初心者だから分かんない・・・

※メールフォーム文より引用。そのまま掲載されるのはちょっと… という方はその旨を本文に書いてもらえると助かります。


ちょっち長いので本文は折り畳み

「.hack// ブラックローズ」、「.hack//G.U. アトリ」に付属しているデカールは、水転写式と呼ばれるタイプのシールです。
名前の通り水分を含ませて貼り付けます。

①道具、下準備
DSC_1997s.jpg
○使う道具
 ・水
 ・カッティングマット
 ・ナイフ(切れ味のいいもの)
 ・綿棒
 ・マークソフター
 ・クリア塗料(クリアスプレーでも可)

○下準備
デカールは爪でこすっただけで傷がついたりする事があるので、切り取る前にまずクリア塗料をエアブラシで吹き付けて(クリアスプレーでも可)表面を保護するようにしましょう。


②デカールを切り出す
DSC_1998s.jpg
水色の部分は台紙の色が透けているだけなので、実際には透明です。
なので、デカールの周りにある程度の余白を作るように、台紙ごとナイフで切り取ります。
余白が多すぎても貼りにくくなりますが、ギリギリすぎるとちぎれやすくなるのでご注意を。

③水に漬けて転写する
DSC_1999s.jpg
DSC_2002s.jpg
用意した水の中にぽいーんと突っ込み、30~40秒ほど置いておきます。
台紙の大きさによってはもう少し時間がかかる事もありますが、画像程度の大きさなら問題ありません。

下の画像が漬けた後のもの。
表面のデカール層が、水色の台紙からスライドしてるのが分かるかと思います。
これをゆっくりと、丁寧にパーツにのせます。


④パーツに定着させる
DSC_2003s.jpg
デカールをパーツに転写した状態です。
位置を調整する際は、水滴を足してあげると破かずに移動させることができます。

位置が決まったら、綿棒で表面の水気を取っていきます。こすり取ると破けてしまうので、「ポンポン」と軽く当てていく要領で拭き取りましょう。

DSC_2009s.jpg
最後にマークソフター(デカール軟化液)を塗って、パーツに定着させます。
画像だとちょっと分かりにくいですが、びとびとになるくらい塗りつけて、それが乾くまで放置します。
そうする事でデカールがパーツにぴったり密着してくれます。
ソフターの液でデカールの位置がずれる事があるので、なるべく平らな場所で乾かすようにしましょう。

貼り終わった後は、クリアーを厚めに吹いて剥がれないように保護してあげればデカール工程は終了です!

スポンサーサイト
[ 2011/02/08 22:25 ] 製作サポート記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。