じみかん ver,ぶろぐ

フィギュア部門は巣立って行きました。こちらは雑多な事をちょいちょいと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラックローズの鎧の表現 

11/02/24 18:44
【 ハンドル名 】:白黒
【 本文 】:
ブラックローズの鎧部分、どんな風にしたら鎧っぽく塗れますか?

※メールフォーム文より引用。そのまま掲載されるのはちょっと… という方はその旨を本文に書いてもらえると助かります。


ブラックローズの鎧はイラストによって色であったり光沢具合がまちまち(つまり素材感がバラバラ)です。
なので、どこに近づけるかによって塗り方も変わります。
ここでは質問にある「鎧っぽさ」に近づけるという前提で話を進めていきます。
DSC_1993s.jpg

まず質感のイメージを固めます。イメージが曖昧なまま作業を進めるとそのまま曖昧な仕上がりになります。
そのためにちょっとウンチク話になりますがさらっと読んでみて下さい。

日本の鎧の主な材質は革、鉄、青銅。西洋の場合は板金。
篭手(手の防具)は多少の柔軟性が必要なので、革が主流だったようです。
胸当てや腰具だけで見れば「鉄素材かな?」とも思えるのですが、イラストを見ると篭手の素材も他の防具と同じに見えます。
つまり既存の防具素材とは若干異なるっぽいです。

なので、「モンハン」のようにモンスターから甲羅などの多少柔軟性のある固いものをはぎ取って素材にしたというイメージが一番しっくりくるので、
板金(金色の部位)で防具の形と縁取りを作り、防御部位(紫色の部位)にモンスター素材を加工してつけている
という考えが一番「鎧っぽい」と私は感じて、そのイメージで原型も作りました。


イメージが固まったらそれを塗装で表現します。

○塗装レシピ(メーカー名無表記=ガイアノーツ)
金… ピュアブラック→スーパーアイアン(クレオス)+純色イエロー、MGホワイトパール(MGパール)
紫… ピュアブラック→スーパーアイアン(クレオス)+純色シアン
(→は塗装手順を表しています)

「モンスター素材」というイメージであったり、魔法や呪いが存在する世界観もあるので、実際にはあり得ないような色遣いであったり光沢をつけても違和感はありません。
金色の部位は鉄なので既存の金属塗料そのままで。パール顔料を入れると色の明度が上がるのでそれで調整しています。作例ではアイアン塗料を使いましたがメッキシルバーなどの明るい銀色が多分ベストです。

紫色の部位は多少柔軟性のある生物系の素材なので、ちょっと暗めの、奥行きのある光沢(昆虫の甲羅のような感じ)を目指しています。暗めの色を出すためにシルバー塗料はアイアンを使っています。

ただ自分塗りのは時間の都合で100%イメージ通りにはなってませんが…。


org98106_5_754391.jpg
こちらはフィニッシャー「わきメカのまつ」さんの作例ver.です。
ここまで話したイメージがまさにこれです。スゴイです。
ホームページのギャラリーに画像と解説が載っていますので、こちらも参考にしてみてください。


Web拍手
>Oジムのマスクの責め方がエグイなぁ♪
ジム顔のアレンジ造形だけは一日の長があるつもりです(`・ω・´)
最近はノーベルガンダムを脳内でマ改造して遊んでいます

スポンサーサイト
[ 2011/02/24 22:30 ] 製作サポート記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。